行政 × ICT

フィールド:愛知,岐阜における自治体
キーワード:AI,メディア,データサイエンス

自治体職員と一緒に行政におけるICT利活用に取り組んでいます。自治体へのヒアリングなどを行いつつ,地域の課題解決に取り組んでいます。

取り組みの事例をいくつか紹介します。

PodCastによる情報発信(2020)

本研究室の学生主導のもと,名古屋市北区がPodCastを使った情報発信を開始しました。写真では,学生が区長に効果や取り組みの報告をしています。

名古屋市北区の様々な情報をお伝えします。
anchor.fm
東山動植物園における来園者分析(2020)

Hatch Technology Nagoyaプロジェクトの一環として,NECソリューションイノベータ株式会社と東山動植物園と共同で来園者状況の分析を行いました。AIによるベビーカー等の検出を通して来園者の属性分析を行い,動植物園の運営に役立てます。

文化財行政への応用

文学部考古学研究室と理化学研究所とともに,AI技術と3D技術を活用した須恵器の形状分析に取り組んでいます。
一見地味に見えますが,須恵器の分析としては最新の取り組みで,野心的な研究です。写真は,特徴空間内での須恵器の断面分布です。

土地評価への応用

日本土地評価システム株式会社,半田市との共同研究で,AI技術やデータサイエンス技術を土地評価に応用する研究を行っています。

写真は共同定例MTGで,AIを利用した土地用途判定システムやソーラーパネルの検出について,半田市税務課の職員らと話し合っています。